logo title

スペイン語のアルファベットと発音のルール

スペイン語を学ぶ際に、まずはアルファベットとその発音を覚えることが大切です。この記事では、スペイン語のアルファベットと発音のルールについて、初心者向けに解説します。

スペイン語のアルファベット

スペイン語のアルファベットは、日本語のアルファベットと同じ26文字を使用します。ただし、スペイン語には日本語にはないアルファベットがあります。スペイン語のアルファベットは以下の通りです。

A, B, C, D, E, F, G, H, I, J, K, L, M, N, Ñ, O, P, Q, R, S, T, U, V, W, X, Y, Z

日本語にはない文字である「Ñ(エニェ)」は、スペイン語でよく使われる文字であり、その発音も重要です。また、「LL」と「RR」という文字も特徴的な発音を持っています。

スペイン語の発音のルール

スペイン語の発音は、基本的には文字と音が1対1で対応しているため、アルファベットと発音を覚えることで、スペイン語の単語の発音が容易になります。以下にスペイン語のアルファベットの発音ルールをまとめました。

A: 「ア」と発音する。
B: 「ベ」と発音する。ただし、母音や「L」と「R」との間にある場合は「ブ」と発音する。
C: 「セ」と発音する。ただし、母音の前では「カ」と発音する。「CH(チェ)」、「LL(リェ)」、「RR(エレ)」、「QU(ク)」、「GU(グ)」の前では「チェ」、「リェ」、「エレ」、「ク」、「グ」と発音する。
D: 「デ」と発音する。ただし、母音や「L」と「R」との間にある場合は「ド」と発音する。
E: 「エ」と発音する。
F: 「エフ」と発音する。
G: 「ヘ」と発音する。ただし、母音の前では「ガ」と発音する。「CH(チェ)」、「LL(リェ)」、「RR(エレ)」、「GU(グ)」の前では「チェ」、「リェ」、「エレ」、「グ」と発音する。また、語尾の「E」の前では、発音が「ヘ」と変化する。
H: 発音しない。
I: 「イ」と発音する。
J: 「ハ」と発音する。ただし、母音の前では「ヒ」と発音する。
K: 「カ」と発音する。
L: 「レ」と発音する。ただし、母音の前では「ル」と発音する。
LL: 「リェ」と発音する。これは、単独の「L」とは異なる発音を持っています。
M: 「メ」と発音する。
N: 「ネ」と発音する。
Ñ: 「エニェ」と発音する。これは、日本語には存在しない音で、上記のアルファベットの中で特徴的なものの1つです。
O: 「オ」と発音する。
P: 「ペ」と発音する。ただし、母音や「L」と「R」との間にある場合は「プ」と発音する。
Q: 「ク」と発音する。ただし、「UE」と続く場合は「ケ」と発音する。
R: 「レ」と発音する。ただし、「RR」という場合は、強く巻き舌を使って発音する。
RR: 「エレ」と強く巻き舌を使って発音する。「R」とは異なる発音を持っています。
S: 「エス」と発音する。
T: 「テ」と発音する。ただし、母音や「L」と「R」との間にある場合は「ト」と発音する。
U: 「ウ」と発音する。ただし、母音の間にある場合は発音されないことが多い。
V: 「ベ」と発音する。
W: 「ウェ」と発音する。
X: 「クス」と発音する。ただし、「X(シー)」、「XC(シー)」、「XL(シー)」、「XR(シー)」の場合は、「クス」と発音する。
Y: 「イグレーガ」と発音する。ただし、「Y」が単独で単語の最後に来る場合は「イ」、「母音+Y」の場合は「イ」と発音する。
Z: 「セタ」と発音する。

以上がスペイン語のアルファベットの発音ルールです。しっかりと覚えて、スペイン語の発音をマスターしましょう。

2023/05/06